塩辛チャーハンの作り方を紹介!シンプルで簡単なのに濃厚で超おいしい

塩辛チャーハンの作り方を紹介!シンプルで簡単なのに濃厚で超おいしい

宮城県気仙沼市で製造されている波座物産の「昔ながらの濃厚熟成塩辛」が、ルナファームオンラインで販売をスタートしました!

今回はその濃厚熟成塩辛でチャーハンを作ってみたので、そのレシピをご紹介します。

材料や味付けはシンプルなのに、濃厚かつ旨みたっぷりで本当に激ウマ!みなさんもぜひ、今回のレシピを参考にしながら作ってみてくださいね。

昔ながらの濃厚熟成塩辛とは

昔ながらの濃厚熟成塩辛

気仙沼の波座物産で製造されているこちらの塩辛は、一夜干しにしたするめいかを使用し、無着色・保存料不使用で仕上げたそうです。

しかも、最低30日〜45日間かけてじっくり寝かせ、熟成させているのだとか!

実際に一口食べてみると、想像以上に濃厚ですよ。

イカの塩辛

肉厚でコリコリとした弾力もあり、日本酒やビールなどのお酒にぴったり!おつまみとしてだけでなく、ほかほかのご飯にのせて食べても最高だと思います。

塩辛チャーハンの作り方

ここからは「昔ながらの濃厚熟成塩辛」を使った塩辛チャーハンの作り方をご紹介したいと思います。

まず材料がこちら。

<材料(1人分)>

・白米(冷めたものでOK):150g

・塩辛:大さじ1くらい(お好みの量でOK)

・溶き卵:1個

・塩:少々

・コショウ:少々

ではでは、作り方を見ていきましょう!

1.  フライパンで熱した油に、溶き卵を注ぎ入れる

溶き卵

フライパンにサラダ油を大さじ1くらい入れて熱したら、最初に溶き卵を注ぎ入れます。

2. すぐにご飯を加えて混ぜ合わせる

ご飯をフライパンに加える

溶き卵が固まる前にご飯を加えます。卵とほぼ同時に入れるイメージですね。

ちなみに今回は冷めたご飯を加えましたが、温かいご飯を使用するとより美味しく出来上がるかもしれません。

3. 塩、そして塩辛を加えて味付け

ご飯に塩辛を加える

ご飯と卵を素早く炒め合わせてパラパラになってきたら、塩を少々入れてさらに炒めます。

それから本日のメインである、塩辛を加えます。

4. コショウで味を整えたら完成!

塩辛チャーハン完成

塩辛がチャーハン全体に行き渡ったら、コショウを軽くかけて味を整えます。あとはお皿に盛り付けて完成です!

動画でも作り方をご紹介しているので、ぜひおさらいしてみてくださいね。

いやぁ〜、すっごく美味しかったなぁ!!

塩・コショウ・塩辛だけという超シンプルな味付けなのに、濃厚で深みのあるチャーハンになってびっくりですよ。

これはマジで作ってみる価値アリなオススメの一品です!

濃厚熟成塩辛はルナファームで発売中

濃厚熟成塩辛のパッケージ

今回手作りチャーハンに使用した「昔ながらの濃厚熟成塩辛」は、酒のおつまみとしてそのまま食べても良いですし、調味料として料理にもぴったりです。

三陸の美味しい塩辛はなかなか手に入れることができないので、この機会にぜひルナファームにて購入してみてはいかがでしょうか。マジでハマってしまいますよ!

▼ 購入はこちらから

https://lunafarm.jp/products/detail/58